学校の学費と奨学金について

学校に通ううえで、学費は経済的な理由で進学できないなど社会問題にもなっています。生活保護を受けている方などに向けて、支給型も検討されていますが、現在は国の奨学金制度では貸与型しかありません。審査によって利子が付かないものと、低金利で利子をとって返金してもらうものなどがあります。月に4万円程度を借りても、社会人になれば返さなければなりません。返さないケースが増えているのでニュースにも取り上げられています。一方、大学などでは学校独自で成績優秀者に対して、学費免除や奨学金制度を設けて勉学の道を開いているところもあります。

学校の学費はいろいろです

学校の学費というのは、学校が公立であるか私立であるかによってもずいぶんと変わります。たとえば公立の中学の場合は、県からの補助金もあるので、学費は年間数万円であるのに、私立の中学の場合は80万くらいです。大学の場合は国立大学は年間54万円であるのに対して私立文系は100万弱、私立理系は150万程度、私立医学部は数千円となっています。子供がいる場合は、選択肢によっては教育費は随分と変わってくるので、計画的にきめていかないとあとで、費用が捻出できないという事態になります。もっとも医学部は一般の家では私立医学部にはいけないということになります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 私立の学校の学費について All rights reserved